世間にある一流企業の広告コピーを、4ミリレベルアップさせていきます。広告・宣伝・広報に携わるそこのキミ、アイデアが生まれ変わるぞ^3^

超一流を4ミリ上回るコピー、見たい?

食べ物・飲み物

【JA和歌山】 他社を十歩リードするオレンジジュースのラベルとは?

投稿日:

やっぱりストレートジュースが最高だよね

突然ですが皆さん、
より多くの人に手に取ってもらえるようなオレンジジュースのラベルって、
どんなものでしょうか?
もし皆さんが作成するとしたら、
どのようなラベルにしますか?

リズミ
おいしそうな写真を撮りまくる!
クロトン
とにかく一番だって書いちゃえば?
 

一体現場はどうなっているのか?

まずは店頭にあるジュース売り場を想像してみましょう。
みずみずしい果実のイメージが、
大きく描かれているものが大半ですよね?
ここで似たようなラベルにしても、
まっっったく目立たないのは明白です。

リズミ
なんでこんなに同じようなパッケージばかりなんだろう。。。
 

実は理にかなっている

ここで食べ物・飲み物の広告の基本をお教えしましょう。
「食べたときに美味しそうだということを想像させる」
この一点に尽きます。
ジュースなら、その果実をイメージさせるのが王道なんですね。
だからあんなパッケージが圧倒的に多くなるのです。
 

理論を取るか、差別化を取るか

でも、理論どおりだからといって、
同じようなラベルをまた一つ増やしてもしょうがないことはわかりますよね?
 
私ならここで差別化を取ります
これは広く出回っているものを鑑みてのバランスですね。
 

差別化の見本のような出来栄え

ではここで、
初めに掲載した画像を再確認してみましょう。

リズミ
あれ? みかんの画像がない!
クロトン
字がでかいな
 
そうなんです。
このラベルの最大の特徴は、
よくある果実のジューシーな画像ではなく、みかんの花が描かれていること
そしてこれまたよくある画像のアップではなく、
文字が前面に押し出されていること、です。
 
しかも背景色が青色です。
これだとジュース瓶の群れの中にいても、
いやおうなく目立ちますね。
 

え? これでいいの?

今回はよくできているものを紹介してみました。
あまり直すところがありませんね。

リズミ
でもこのくらいなら、誰でも思いつきそうじゃない?
 
ええ、僕もそう思います。
でも、考えてみてください。
すでに言ったとおり、
店頭のパッケージは、ほぼほぼみかんのアップ画像です。
「このくらい」なのに、誰もやらないんです。
差別化なんて本当に平凡な発想なのでしょうが、
ほとんど誰も、やっていないんです。
 
どうしてこうなっているのかは僕にも分かりません。
これまでそうやってきたから大きくはみ出せないのか、
上の人がそう決めているから何もできないのか、
過去のデータでそれがいいからやっていないのか、
理由は定かではありませんが、
いずれにせよ現実的にはそうなっていないのです。

クロトン
忙しすぎて色々疲弊しているのかもな
 

一応、4mmレベルアップさせてみる

僕は細かいところが気になる性格なので、
改善できるところは少しでも改善してみますね。
 
このジュースは「ストレートジュース」と言って、
一般的な100%ジュースとはちょっと違います。
普通の100%は、香料が入っていたりして実質100%ではないのですが、
ストレートジュースは、本当に果実しか入っていないのです。
広告的な話からはちょっと逸れますが、
一度飲んだらやめられませんよ。

リズミ
高いけどね♪

そう、高いんです。
高いのにわざわざ買おうとする人は、
「ストレート」かどうかが最も気になる部分なのです。
なのに!
「ストレート」の字が小さい。。。。
「果汁100%」の方が大きいですね。
 
せめて「ストレート100%」と並べるとか、
「熟選工房」の字を小さくして「ストレート」をねじ込むとか、
さまざまやり方はあると思います。
 
また、せっかくのJAブランドなので、
「JAグループ和歌山」も、
もっと目立つようにすればいいのにと思います。
 
広告について総じて言えますが、
物やサービスの売りとなる部分をデカデカ出す
というのが何よりも大事です。

リズミ
私なら「小さくて可愛い」かな♪
クロトン
俺は「とにかくうまい」かも。。。
 

今回のまとめ

広告や宣伝コピーに関する理論というのは色々あります。
このサイトも、基本的には理屈っぽくやっていきます。
でも、理論ばかり追っていてもよくないというのが
今回のテーマです。
いくら理屈では正しくても、
同じような商品ばかりではダメだよな~と感じるのは、
感覚・センスの領域です。
「同じようなものがどれだけあれば差別化にかじを切るべきか」
なんて数値化するのも難儀しそうですし、
そもそもナンセンスな気がしてなりません。
 
「センスには自信がある!」という人以外は、
理論を応用しながら感覚的な部分も捨てないようにする
という心構えでいるのが、
一番ちょうどいいバランスかと思います。

リズミ
サイトも文字だけじゃバランス悪いもんね
クロトン
だから俺たちみたいなのが登場したんだな

-食べ物・飲み物
-,

Copyright© 超一流を4ミリ上回るコピー、見たい? , 2017 AllRights Reserved.